演習林TOP  FSC  生物資源学研究科  三重大学
紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター

 高三郎のモミ・ツガ天然生林 附帯施設演習林


大きな画像を見るには画像をクリック

設定目的
 
モミ・ツガを主林木とする,典型的な暖帯常緑針葉樹の天然生林。制限林。
設定年度・設定経緯・歴史
 かっては藤堂藩の領地として,治山治水のために自由伐採が禁じられていた。廃藩置県後は国有林となり,保安林としての施業が行なわれ,1925年(大正14年)に演習林に移管。1948年(昭和23年)保安林が解除され施業計画が編成されたが,当該林分はほとんど伐採されず,1972年学術参考,自然保護,環境保全のために制限林に編入されて現在に至っている。
自然環境
(気象の観測値は,標高513mのもの)
標高     450-980m 傾斜   10-45度
気温     12.4℃(年平均気温) 方位   SSE-SSW
年降水量  2,486mm 地質   黒雲母角閃石花崗閃緑岩
       最大積雪58cm 土壌   斜面下部はBD-BD(d)型。斜面上部はBB-BC型。BB,BC,B1
森林の内容
 森林の種類 天然生林
 主な樹種 モミ,ツガ
 その他の樹種 ウラジロガジ,サカキ,ヤブツバキ,シキミ,アセビ,ヤブニッケイ,ミズメ,アカシデ,クマシデ,エゴノキ,ケヤキ,ヒメシャラ,マルバアオダモ,ミズキ,リョウブ,カラスザンショウ,フサザクラその他。
 更新年・林齢 推定年齢 200-250年
 施業内容 斜面下部の一部分は,薪炭材等のために軽い伐採をうけたようだが,大部分は伐採されていないようだ。現在は制限林として伐採の対象としていない。
 林床の状態 斜面下部には,ミカエリソウの群落が散在。弱乾燥の立地には,コアジサイの群落がみられる。クロモジ,ガクウツギ,ナガバモミジイチゴ, ヤハズアジサイ,ヤブムラサキ,ヒサカキ,コバノガマズミ,ミヤマシキミ,イヌツゲ他が散在する。
 林分の特長 典型的な暖帯常緑針葉樹林で,斜面下部にはモミが,また凸地にはツガが分布している。亜高木層以下には常緑広葉樹が多く,モミ,やツガの若木は少ない。更新途上の建設相の部分には,カラスザンショウ,ミズメ,エゴノキ,キブシ,クマシデ,アワブキ,フサザクラなどが多い。ヤハズアジサイなどのソハヤキ要素も含んでいる。
樹木の計測 (1987年調査)
 最大胸高直径 約96.5cm(モミ),約85cm(ツガ),約49cm(ウラジロガシ)
 樹高 約33m(モミ),約25m(ツガ),約15m(ウラジロガシ)
 材積・本数等 詳細なデータ無し
その他
面積 18.85ha  林小班名 16林班い小班
所在地
 三重県津市美杉町川上(通称平倉)
 三重大学生物資源学部 附属 紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター 附帯施設演習林(通称平倉演習林)
交通
 三重大学(津市栗真町屋町)から南西へ約60km,自動車で約2時間。当該林班には,自動車道から徒歩約5分。
所有者
 三重大学(文部科学省)
参考文献
 三重大学生物資源学部附属演習林:第10期(平成5年度〜平成9年度)施業計画書 ,1993

Copyright (C) 2005-2006 Hirakura Forest, Mie University. All rights reserved.