演習林TOP  FSC  生物資源学研究科  三重大学
紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター

 黒岩のブナ天然生林 附帯施設演習林


大きな画像を見るには画像をクリック

設定目的
 ブナ,ミズナラを主林木とした,典型的な山地帯落葉広葉樹林。制限林。
設定年度・設定経緯・歴史
 かっては藤堂藩の領地として,治山治水のために自由伐採が禁じられていた。廃藩置県後は国有林となり,保安林としての施業が行なわれ,1925年(大正14年)に演習林に移管。1948年(昭和23年)保安林が解除され施業計画が編成されたが,当該林分はほとんど伐採されず,1972年学術参考,自然保護,環境保全のために制限林に編入されて現在に至っている。
自然環境
(気象の観測値は,標高513mのもの)
標高     800-1000m 傾斜   10-30度
気温     12.4℃(年平均気温) 方位   N-WNW
年降水量  2,486mm 地質   黒雲母角閃石花崗閃緑岩
       最大積雪58cm 土壌   BB,BC,B1
森林の内容
 森林の種類 天然生林
 主な樹種 ブナ,ミズナラ
 その他の樹種 ツガ,アカシデ,クマシデ,リョウブ,コハウチワカエデ,コミネカエデ,タンナサワフタギ,シキミ,アセビ,アオハダ,ヒメシャラ,ハリギリ,シロヤシオ,タムシバ他。
 更新年・林齢 推定年齢 200-250年
 施業内容 制限林として伐採の対象としていない。
 林床の状態 マイズルソウ,テバコモミジガサ,ミヤコザサ,スズダケ,コアジサイ,ナガバモミシイチゴ,コバノガマズミ,ツルシキミ,スノキ,ウスゲクロモジ,コバノミツバツツジ,ヤマツツジ,ツクバネウツギ他。
 林分の特長 東西にのびた尾根部の北向き斜面に成立した典型的な山地帯落葉樹林で,ブナを主林木とし,ミズナラ,ハリギリ,コハウチワカエデなどを伴う。低木層にホンシャクナゲ,シロヤシオ,コバノミツバツツジ他のミツバツツジ類,ヤマツツジ,アセビなど,ツツジ科の低木類が多い。
樹木の計測 (1978年調査)
 最大胸高直径 約70cm(ブナ),約30cm(シロヤシオ)
 樹高 約20m(ブナ),約4m(シロヤシオ)
 材積・本数等 詳細なデータ無し
その他
面積 19.15ha  林小班名 8林班い小班
所在地
 三重県津市美杉町川上(通称平倉)
 三重大学生物資源学研究科 附属紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター  帯施設演習林f紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター 附帯施設演習林(通称平倉演習林)
交通

 三重大学(津市栗真町屋町)から南西へ約60km,自動車で約2時間。当該林班には,自動車道から徒歩約50分。
所有者
 三重大学(文部科学省)
参考文献
 三重大学生物資源学部附属演習林:第10期(平成5年度〜平成9年度)施業計画書 ,1993

Copyright (C) 2005-2006 Hirakura Forest, Mie University. All rights reserved.